ご支援のお願い

ダイアログ・イン・ザ・ダークでは、以下の公益的プロジェクトを行うにあたり、皆様のご支援を受け付けております。一人でも多くの皆様にご賛同いただけたら嬉しく思います。

子どもたちの学校教育にダイアログ・イン・ザ・ダークを!
佐賀県と協働して行う日本初のモデルづくり。

世界各国ではすでに学校教育の一環としてダイアログが導入されています。そして子どもたちは自然に、多様性理解の力を身に着けていくのです。私たちも日本の教育にと長い時をかけて各方面に働きかけてきました。そして今回、子どもの「豊かな心の教育」を推進する佐賀県庁がその手を挙げてくれました。

この試みは、実質的なご負担ゼロで、ふるさと納税でご支援頂けます。

詳細を見る/ふるさと納税で支援する

盲学校でダイアログ・イン・ザ・ダークを開催したい。

視覚障がいのある子どもたちが親や兄弟姉妹、また地域の子ども達をダイアログ・イン・ザ・ダークに招待し、子ども同士の交流の場を創出します。また副読本として私達、視覚障がい者が作った本を全国の盲学校とその近隣の公立小学校や図書館に配本する予定です!

この試みは、JAPANGIVING でご支援頂けます。

詳細を見る/JAPANGIVINGで支援する
 

Tokyo Diversity Lab.

  

企業・団体研修

“企業・団体研修案内”
 

大阪会場「対話のある家」

大阪会場「対話のある家」の空席紹介・チケット購入はこちら

大阪会場「対話のある家」の空席紹介・チケット購入
ダイアログオリジナルグッズ ご支援のお願い ダイアログ・イン・サイレンス
2017年10月19日