導入事例
アスクル株式会社
社長室 室長 今泉 忠久様

社長室 室長
今泉 忠久様

「緊急事態に活かせた暗闇体験」

新卒採用は行わず、各分野の経験者・キャリア採用に注力し、日々躍進を続けられるアスクル株式会社様。あらゆる分野のプロフェッショナルを終結させているからこそ重要となる、部門長官間のコミュニケーション強化を目的にご利用いただきました。

縦割り組織の打

Q. 今回、DIDの研修を導入された背景を教えてください
当社では、CEOの岩田が経営者を対象とした研修でDIDを体験し、以来すっかりDIDファンとなり、社内朝礼で会社員にその体験の話をしていました。あるとき部門長会議で新規事業の話が持ち挙がったのですが、数年前にも同じ話があったのに部門間の調整が進まず頓挫していたことが思い出されました。
そこで岩田が、こんな時にこそDIDの研修を統括部長全員で受講するべきだ、と。
いわゆる“トップダウン”で導入が決まったのです。

Q. この研修の狙いは?
やはり、部門間の垣根をなくして風通しを良くするということ。アスクルはお客さまからのご注文受付から、受注、調達、配送、商品のお届け、アフターサービスまで、全部門の仕事が1本のライン上で価値を創造していくビジネスですので、自分の行っている仕事が、必ず後工程の他部門と繋がっています。
それがゆえに新規で何かを行う、業務フローを変えるときなど部門間の調整が難しいことも事実です。各部門長のコミュニケーションがより密になれば、会社はより良いサービスを実現し、さらなる飛躍につながると考えました。

また、分野のプロフェッショナルとして転職してきている社員が多いぶん、いかに自分のフィールドを超えてアスクル全体としての付加価値を加え発信できるか、ということも目的の一つとしてありました。


「かっこよく」より「わかりやすく」

Q. 研修後の成果はいかがでしたか?
なかなか数字に表せないものなので明確にはお答えできませんが、あの一度の研修で完全に縦割りを打破できたわけではないと思います、しかし、部門長同士の会話の密度は確実に増えたと感じています。
研修では、性別、業務、タイプ(パーソナリティ)を考慮し、あえて化学反応を起こすよう意図的にグループ分けをしたのですが、以前は接点の少なかった部門長同士が、研修後に直接話しているのをみると、これが価値創造につながるのでは、という期待もあります。
研修直後の振り返りの時間でも、普段口数の少ない人が一番発言をしていたり、研修後の懇談会では行きつけのお店から「アスクルさん、今までで一番盛りあがっていますね」なんて言われたりしました(笑)。あの異様なテンションと一体感は参加者全員が感じたことと思います。

受講した部門長からは、物事を正確にスピーディに伝えるとき、共通言語で話すことや、共通の尺度をもつことの重要性を実感したという声も多くありました。それが早速活きたのではないと感じたのは、研修の数日後に起きた東日本大震災の時でした。
仙台港にある倉庫が大きな被害に遭った当社では、一刻も早いサービスの復旧を目指して、部門横断緊急対策本部が設立されました。
1日3回行われる全体会議での各部門からの情報報告はまさに、誰もが理解できる「共通言語・共通尺度」をもって話され、スマートな横文字や専門用語を捨ててわかりやすく説明されたお蔭で、復旧に向けて迅速に対応できたと感じております。「かっこよく話す」ことより「わかりやすく話す」ことの大切さを改めて再認識した瞬間でした。

Q. 最後に、DIDの研修の今後のご利用の可能性や、他の企業様におすすめいただける場合、どのようなグループ・シチュエーションが適していると思いますか?
今回の研修を終えて、部門長たちからその直下の部下に受講させたいと要望がありました。部門長は年に数回、一同に会する会議がありますが、マネージャーたちにはその機会がなく、私もマネージャー以下への研修実地はより効果的なのではないかと思っています。というのも、縦わり組織の影響を最も受けるのは、他部門との実務的なコミュニケーションを必要とするマネージャーたちだからです。
もうひとつは、当社にもありますが、コールセンターの職務の方々には研修が効果的ではないかと感じています。見えない相手の立場にたたなければならなく、また仲間との正確な情報連携が必要不可欠な職務には、暗闇の研修で得るものがたくさんあり、お客さまへのサービスの向上に確実につながると思います。

------------------------------------
アスクル株式会社
「お客様のために進化する」を経営理念とし、事務用品、生活用品、家具などオフィスに必要なモノやサービスを「明日お届けする」トータル・オフィス・サポートサービスの会社です。