導入事例
日本テトラパック、暗闇で再認識する誇りとコミュニケーション
~ ダイアログ・イン・ザ・ダークを全社会議チームビルディングに~
―――――――

日本テトラパック株式会社では、日本法人設立50周年を迎える新年度のスタートにあたり、700名の社員を対象にしたチームビルディングの取り組みにダイアログ・イン・ザ・ダークのプログラムを採用していただきました。


「Unleashing the potential (可能性を解き放つ)」をテーマに、会社の方向性を共有する全社会議を開催し、まとめのチームビルディングにダイアログ・イン・ザ・ダークのプログラムが使用されました。

合計700名の社員がこのチームビルディングセッションを行いました。


テトラパックについて
テトラパックは、スウェーデン生まれの食品加工処理と紙容器充填包装システムの世界的なリーディング・カンパニーです。お客様および取引先と緊密に協力して、世界170ヶ国以上のお客様のニーズを満たすため、安全かつ革新的で、環境に配慮した製品を提供しています。世界85ヶ国以上に約22,000名の従業員を擁し、業界での責任あるリーダーシップを果たすべく、持続的な事業経営に努めています。「大切なものを包んでいます(PROTECTS WHAT’S GOOD™)」というテトラパックのモットーは、「私たちは、食品の安全を支え、世界のどこにあっても人々が安心して利用できるよう取り組みます。」というテトラパックのビジョンを反映しています。

テトラパックについての更に詳しい情報は、www.tetrapak.com/jpのウェブサイトをご覧ください。