ニュース
2009.10.01
【ニュース】新型インフルエンザ対策について
新型インフルエンザが流行期に入り、9月中旬時点で18万人/週の感染者が出ていることが政府・国立感染症研究所より発表されております。

一般ニュースでも取り上げられている通り、流行ピーク期には最大80万人弱/日の発症者が出る可能性も示されており、また、この流行ピーク期は10月にあたることが予測されています。 ※9/27 追記…東京都より流行予測のアナウンスがありました。

これを受け、ダイアログ・イン・ザ・ダークは10月分(状況に応じ、11月分も含みます)のユニットについて、お客様とスタッフの健康を守り、新型インフルエンザの感染拡大を予防するために、下記対策を講じさせて頂きます。

●各ユニットの開催間隔を広く取ります
→直接一緒に体験しないお客様同士の接触が最少化されます
→感染のリスクを大幅に軽減できます
※流行拡大・収束の状況により、適宜追加発売等を行うことがございます

●ユニット数を一時的に縮小し、また、休館日を増やします
→スタッフの体調不良によりお客様にご迷惑をおかけしないため、冗長性をもった運営体制とさせて頂きます
→鉄道の通勤・通学ラッシュを避けることができる時間帯にユニットを設定させて頂きます

●お客様の体調がすぐれない場合、別の日に体験を振り替えさせて頂きます
→ご無理をなさらず、ご遠慮なく事務局までお申し付けください
→ぜひ、ご体調のよい時にご参加ください